新型コロナウイルスは今後数年で終息する可能性は低いだろう

外出の制限や営業自粛を国が要請してから約1週間が経ちました。
今のところ、感染者数の増加に歯止めかかかっている様子は無く、4月12日の厚生労働省のHPの公表分を見ると、感染者数260名、無症状病原体保有者数22名、陽性確定248名、死亡者4名となっています。(4/13 15時現在)

この2週間が勝負だと安倍総理も話していましたが、日本よりはるかに厳しい施策を取っている各国の現状をみても、この2週間で拡大を防ぐことができるのかは微妙でしょうね。というか個人的にはむしろ悪化するのではないかと考えています。

治療薬やワクチンがすぐ出来るような幻想を抱いている人もいるかも知れませんが、ワクチンが出来るまでには少なくとも1年半は必要だと聞いています。治療薬は今あるものの中で比較的効果が高いものが出てくるでしょう、日本では新型インフルエンザ薬の「アビガン」がその候補のようですが、これも限定的なのではないかと思います。

なぜなら、各国の新型コロナウィルスの感染による症例や致死率にかなりの違いがあるからです。

実際に世界中のコロナウイルスには少なくとも8つの株が存在し、平均15日ほどで突然変異を繰り返していることが分かってきました。

Thailand Medical News Covid-19 News Apr 06, 2020 

 


コロナウイルスの少なくとも8つの株が世界を周回しており、2000以上の遺伝子配列からウイルスは平均15日ごとに突然変異していることがわかった。

ウイルスはゆっくりと突然変異しているので、その株は基本的にお互いに非常に似ている。
これらの突然変異が病原性(より多くの損傷を引き起こす能力)に影響を与えているかどうかはまだ明らかではない。

 

つまり、固定されていないウイルスに対するワクチンを開発するのは非常に困難だということです。

私たちの体が、この新型コロナウィルスに対する免疫力を獲得するまで、そしてコロナウィルスが変異を繰り返すことによって毒性が薄れ、自然減少するのを待つ以外に人間がウイルスに打ち勝つ事は出来ないと思います。

これは暗い展望かも知れません。

でも、そうやって人間は過去にもウイルスと闘い、共存する道を見付けてきたのではないでしょうか。

前書きが少し長くなりました。

それでは、新型ウイルスに関する医学論文を多く紹介しているタイの医療系サイト、タイ・メディカル・ニュースに掲載された記事を紹介したいと思います。

このタイ・メディカル・ニュースは、かなりアグレッシブな報道姿勢のあるサイトで、報道に偏りがあることもあるのですが、記事を書いている記者の悲痛な叫びを感じるようなニュースサイトです。

COVID-19危機が今後数年で終了する可能性は低い、異なる臨床症状で特定された8つの異なる変異株

Thailand Medical News


ここからです。



COVID-19疾患に関する信頼できる最新の医学研究の現状の多くは厳しい状況にあることが報告されている。

私たち(タイメディカルニュース)の意図は、パニックを引き起こしたり、物事をさらに憂鬱にすることではなく、むしろ医学研究者や医療従事者が問題を認識し、解決策を見つけて予防策を講じることができるようにする事だと考えている。

最近の研究では、Covid-19の危機が短期間でピークに達するか終息に向かう可能性は低いことを示しており、すべてにおいて警告すべきだと考えている。

中国でSARS-Cov-2コロナウイルスが最初に出現したとき、それはすでに非常に速い速度で変異し始めており、多くの進化的分岐が起きていることについての明確な特徴を示していた。

ところが残念なことに、多くの専門家たちはそのことを否定し、ウイルス学者やゲノム専門家が過去の古い原則に基づいて判断を下し、新型ウイルスは変異していないか、ウイルスが人に大きな影響を与えるほどには進化しておらず、自然に死滅する可能性があると主張していた。

しかし、ナショナルジオグラフィックは私たちの見解を支持しウイルスが約15日ごとの割合で変異していることを明らかにした他の研究機関とも話し合っている。

これまでに、世界中で2000以上のゲノム配列が解析され、この新型コロナウイルスの突然変異にもっと注意にもっと注目し、情報を共有したいという私たちからの呼び声を受けて、約446の異なる株が特定された。

この様々な株のうち、8つの異なる変異株が同定された。(htps://nextstrain.org/ncov

これらの8つの菌株は、RNAに異なるコドン(塩基配列)の変化を持っている。つまり、現在のPCRテストなどの診断でも、これらの菌株のいくつかを決定するのに正確な判定はできない、あるいは効果的ではないということだ。より広い範囲の新しい診断を行う必要がある。

これらの新しい変異株と、SARS-CoV-2がヒトの宿主細胞を「攻撃」または「結合」したりするという事実は、医薬品研究やワクチン開発にも影響を与え、さらに異なる変異株が現れれば、これらの研究はさらに複雑となる。

このことから分かることは、単一の薬剤がCovid-19疾患の治療に有効であることはなく、むしろ薬剤候補が広範囲に対してアプローチできるものが必要であり、同じことがワクチンにも言える。

これまでのところ、SARS-Cov-2ウイルスがどのようにACE2受容体に結合(感染)するかについて述べた多くの研究は、フリン切断、GRP78受容体、CD147受容体などを介した他の結合(感染)様式についてはほとんど注目されてこなかった。

新しい研究では、さまざまな株がヒト宿主細胞と結合(感染)し、体内の様々なタンパク質にも影響を及ぼす事が明らかになってきた。

これは、回復した患者であっても、時間の経過とともに「病気の慢性化状態」に移行する可能性があることを意味している。

新しい株の系統との結合(感染)や「ヒトへの攻撃」が株により異なるために、臨床症状もそれにより異なる。つまり、私たちは武漢での初期の典型的な発熱と咳、肺炎の症状をもたらすウイルスから、英国などでの新しい症例である、例えば胃の問題、神経系の損傷、嗅覚の喪失、さらには混乱や認知の問題、さらには心不全、腎不全など、今ではその症状が多岐に渡っている。このような新しい変異株が世界的に蔓延しているのが現実だ。

米ワシントンでCovid-19で死亡した患者の最近の検死では、はるかにショッキングな詳細が明らかになっているが、具体的な証拠が出るまでは、まだ公表することができない。

また、世界的に蔓延している新しい突然変異株の特徴であると思われる、無症状の患者の多くは、1~2日続く軽度の喉の症状を示すことがあるが、他の患者の多くは、発熱、咳、胃腸障害などの症状がなくても長く続くことがあるようだ。

イタリア、スペイン、イランでは、無症状だった患者が突然臨床症状を起こし、48時間以内に急速に悪化して死亡するケースも増えている。

中国には注意を向けておいた方が懸命だ
(我々は)中国では、5月の第2週までに増え続ける患者数に対応できなくなる可能性があるため、国で何が起こっているかについての真の状態を公に開示する必要があると予想している。

これは中国の2番目の波であり、他の国と同じように、国が直面しなければならない多くの波の1つと考える。中国ではこれらの患者のほとんどはしばらくの間は無症状だと考えている。

政府および保健当局のほとんどは、この新しいSARS-CoV -2コロナウイルスについて無知であり、医療専門家や研究者が新たなデータや研究全体を止めたり、全体として比較したりすることなく、自分たちの感染症への古い思い込みに集中しすぎているあまり、取り扱いをミスする場合がある。

欧米の研究者の多くは非常に傲慢であり、中国の研究者から出てくる多くの研究を認めることを拒否している。

ほとんどの医師や医療専門家もまた、Covid-19の治療方法についてはまったく無知であり、医療当局が作成したガイドラインに基づくプロトコルに従っているだけなのだ。

いくつかの製薬会社や政府の中には、この状況を利用して金銭的に利益を得たり、外交的なコントロールを行ったりしているところもあるが、これまでのところ、Covid-19を治療できる既知の薬物や治療法は存在しない。

最新の臨床データにより、すべての新しい変異株に効果の有るワクチンと治療薬が開発されて対処できるようになるとしても、それは15~18か月程度で完成できるものではないだろう。この危機は最低でも数年はかかる可能性がある。

これは非常に暗い状況ではあるが、薬物研究とSARS-Cov-2研究にはいくつかの大きなブレークスルーがあり、既存の突然変異株に対処するための第一波を管理する方法が示されている。



ここまでです。

記事内にあるように、心配されるのが実は「再感染のリスクと症状の慢性化」にあると思われます。

「回復した患者であっても、時間の経過とともに「病気の慢性化状態」に移行する可能性がある」

 

SARSの時にも、SARSから回復した患者が今も治療による副作用で苦しんでいるという報告もあります。

前途多難であることが想像できます。

前回の記事では、外出せずに自宅にこもることによって起こる様々な健康被害が起こり、その一つの原因が「座り過ぎ」すなわち運動不足だと言うことを書きました。

その他にもいくつもの要因がありますが、次回もそのことについて書いてみようと考えています。

直接的なウイルスによる「死」より何よりも怖いのは、「隔離」による「孤独」がもたらす「死」なのかも知れません。

暗い状況ではありますが、今できることはあります。

健康に関して言えば、とにかく「免疫力」を上げることですね。

「免疫力」上げるには

  • 質の良い睡眠
  • バランスの取れた食事
  • 適度な運動
  • 太陽光を浴びる

これらを実践していくことが必要でしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です