最も強力な抗菌食品はタバスコだった

このブログで何度も紹介している「腸内細菌叢」が、私たちの心と身体の健康にとても大事なものであり、それらと深い関係があることが知られるようになってきました。

「医食同源」という言葉が示すように食べること、すなわち食事が私たちを健康にすることもあれば、病気になることもあります。

食べたら死んでしまうほど毒性の強いものから、お腹を壊す程度のものなど毒性も様々ですが、およそ毒性あるものについてほとんどがすでに知られています。

ですが、今回そういった毒性のある食物が見つかったと言う話しではなく、私たちの腸内に棲む微生物に変化を与える、普段口にするような食品が特定できた、というニュースを紹介しようと思います。

どの食品がどのタイプの腸内細菌に対して有益なのかが分かるようになれば、薬を使わずに済むようになるため、安全に治療出来る方法として期待できますね。

一般的な食品はウイルスに影響を及ぼすことにより腸内細菌を変化させる

Medical News Today

ここからです。



研究者のグループは、食物としての薬のアイデアを一歩近づかせ、私たちの微生物叢を変える特定の一般的な食品を特定することに成功した。

今日の科学では、食物と腸内細菌は、どちらも関心と議論を巻き起こすことが保証されているトピックスだ。もちろん、両方とも相互に関連しており、新しい研究ではこの関係のいくつかの微妙な点に焦点を当てている。

健康的な腸内細菌の不足は、私たちの健康を損なうが、また健康的な食事を取らない場合でも同じ結果となる。しかし、科学者は特定の食物が腸内細菌に対してどのような影響を与えるのかを完全に理解できていない。

この知識のギャップは、一部には、微生物叢の信じられないほどの複雑さによるものだ。水を汚す要因の1つはバクテリオファージ、または略してファージと呼ぶ。

ファージとは

ファージはバクテリアのみを攻撃するウイルスで、腸内では、これらのウイルスはめまいがするほど多くの腸内細菌すら上回っている。

各々のファージは特定のタイプの細菌のみを攻撃するため、腸内細菌のレベルに影響を与える可能性がある。ファージは生きるためにバクテリアを必要とするため、バクテリアが存在しなければ、ファージは生存することができない。

これは、ファージに影響を与える食品は腸内細菌に影響を及ぼし、その逆も同様であることを意味する。たとえば、あるタイプのファージの個体数が増加すると、それらが消費する細菌が減少し、潜在的に別のバクテリア種が増殖する余地が与えられる。

このようにして、ウイルスは全体の微生物叢に影響を与える可能性がある。ある種を除去することによって、別の種が増加可能な空間を提供することになる。

プロファージからの切り替え

腸内のほとんどのファージは休眠状態で存在し、そのDNAは細菌のゲノムに組み込まれている。この形態では、プロファージュと呼ばれる。

科学者は、プロファージが活性型に戻るのを引き起こす特定の化合物を特定した。これが起こると、数百の新しいファージが細菌細胞から飛び出し、宿主を殺し、他の細菌を攻撃するようになる。

これらの化合物には、醤油、ニコチン、およびシプロフロキサシンなどのいくつかの抗生物質が含まれる。現在まで、ファージ促進化合物のリストはそれほど多くはない。

どの化学物質がファージ活性を促進するかを明らかにすることが不可欠だ。バクテリオファージはバクテリアを攻撃して殺すので、バクテリアを操作する方法を理解すれば、強力な天然の抗生物質として働かせることが出来るようになる。

最近の研究では、ファージ活性を誘発する化合物のリストを拡大することを目指した。カリフォルニア州サンディエゴ州立大学の科学者は、調査結果をガット・マイクローブス誌(Gut Microbes)に掲載した。

彼らは、自分たちの研究結果が「食餌を使用して、プロファージ誘導により人間の腸内微生物叢を意図的に切り分ける可能性」の導入を望んでいる。

「実際に、微生物の多様性に影響を与える食物を調整することによって、特定の条件に取り組むことができます。これは、健康と病気に影響を与えるでしょう。」~研究員ランス・ボーリング

調査するために、研究者はファージ活性に影響を与える可能性のある幅広い化合物を選択した。彼らは、腸内で一般的な2つの門からバクテリアの範囲を選択した(バクテロイデスとファーミキューテス)。それらには、有益な細菌の菌株と病原性菌株の両方が含まれていた。

117種類の食品化合物から、検索範囲をわずか28種類までに絞り込み、各特定化合物の存在下での細菌の増殖を観察した。彼らはまた、対照として化合物なしでもその成長を観察した。次に、フローサイトメトリーを使用した。これは、想像を絶するほど小さなウイルス粒子を検出するのに十分な感度を備えたプロセスだった。

どの食品がファージに影響するのか?

28の候補のうち、11の化合物が対照よりも高い割合でウイルス粒子のレベルを生成した。これは、それらがファージの活性に影響を与えたことを意味する。

最も重要なファージの活性化を強めたいくつかは、クローブ、プロポリス(ミツバチによって生成される化合物)、ウヴァウルシ(キニニックまたはベアベリーとしても知られる)、およびアスパルテームの存在下で発生することが分かった。

最も強力なプロファージ誘導物質は、植物由来の砂糖代替物であるステビアだった。ある種の細菌株では、ステビアはウイルス粒子の数を400%以上増加させた。

逆に、一部の食品はウイルス粒子の数を減らした。最も顕著なのは、ルバーブ、フェルネット(イタリアの酒の一種)、コーヒー、オレガノなどだった。

一部の化合物はいくつかの細菌に関連するファージ活性を高めたが、それ以外の細菌に関連するファージ活性は低下しました。

これらの化合物には、練り歯磨き、グレープフルーツ種子エキス、ザクロが含まれた。

著者によると、最も強力な抗菌食品の1つはタバスコソースで、「日和見病原菌である緑膿菌を除く3種すべての胃腸種の成長を平均92%減少させた。」

タバスコには酢が含まれているが、酢だけをテストした場合、細菌の増殖は71%しか減少しなかった。彼らは、カプサイシン(トウガラシの辛み成分)が追加の抗菌能力を説明するかもしれないと信じている。しかしながら、タバスコの実験ではウイルス粒子は検出されなかったため、ファージが関与する可能性は低いだろう。

今後の未来について

これらの調査結果は重要だ。科学者は今、マイクロバイオームが私たちの身体的および精神的健康に影響を与えることができることを知っている。また、炎症を引き起こし、ガンのリスクを高める可能性があることも分かっている。

科学者が微生物叢をなんらかの方法で変更する方法を見いだすことができれば、理論的には、これらのリスクを除去または軽減できると考えている。

著者の一人であるフォレスト・ローワー(Forest Rohwer)は、「特定のバクテリアを他のバクテリアに影響を与えずに殺すことができるため、これらの化合物は非常に興味深いものになるだろう」と説明している。

もちろんローワーが言うように、化合物の新しいリストはすべてを網羅していものではない。「望ましくないバクテリアを除去するのに役立つ化合物は、おそらく数千はあるでしょう。」

著者は、科学者がこれらの方針に沿って継続することを望んでいる。彼らはまた科学者が、ファージを不活性から活性に切り替える分子機構を解明する必要があることを説明している。



ここまでです。

オリジナルの論文は研究データとともに掲載されており、食品成分が細菌にどの様な効果(影響)を表すかが書かれている箇所が有りましたので、抜粋して紹介致します。

なお、図表やデータもダウンロードが可能でしたので、もし興味がありましたらアクセスされたら良いと思います。

Taylor Francis Online


抗菌特性を持つ化合物を特定するために、各試験化合物の存在下での細菌の成長を、化合物を添加しない成長と比較。成長曲線のクラスタリングにより、抗菌活性の一般的なカテゴリが特定された(下図)。

 

表を拡大(リンクに飛びます)

各基質の抗菌効果に基づくクラスタリングのヒートマップ。成長の変化率は色で示され、赤はネガティブコントロールと比較して成長が少ないことを示し、青は成長が大きいことを示す。クラスターは、殺菌(赤)、ほとんどの場合は抗菌(黄色)、一部の場合は抗菌(緑)、プレバイオティクス(青)に分類している。

代表的な上位5つの化合物

■非常に高い殺菌効果の化合物

①タバスコ(TAB)
②グリコール酸(GLY)
③N-アセチルシステイン(NAC)
④クエン酸(CIT)
⑤歯磨き粉(TOO)
⑥酢(VIN)

グリコール酸とは、有機化学の材料、溶媒、塗料、染料、香料、防腐剤、また外用としてスキンケアに使われている。
N-アセチルシステインは抗酸化物質であり、日本では医薬品として扱われている。

■高抗菌性の化合物

①シナモン(CIN)
②ニーム(NEE)
③リコリス(甘草)(LIC)
④フェルネット(FER)
⑤クローブ(丁子)(CLO)

ニームというのは植物で防虫効果があるハーブとして利用されているもののようです。
フェルネットというのは“世界一苦い酒”と言われているハーブ酒。
クローブは、生薬としてまた香辛料として知られている。

■抗菌性化合物

①アスパルテーム(ASP)
②コーヒーアラビカ(COFa)
③ステビア(STE)
④トリゴネリン(TRI)
⑤ウバウルシ(UVA)

アスパルテームは人工甘味料。「パルスイート」などの商品名で知られている。

トリゴネリン はコーヒーの生豆に最も多く含まれる。しかし高温に弱く、焙煎されることによってそのほとんどが失われてしまう。トリゴネリンには、脳の老化やアルツハイマー型認知症を予防する効果があるという研究成果が出ている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


■プレバイオティクス効果有り

①カッテージチーズ(COT)
②カイエン(CAY)
③味噌(MIS)
④魚醤(FIS)
⑤ロイテリン(REU)

カイエンは赤トウガラシを乾燥させた香辛料。
ロイテリンは、ロイテリ菌が作り出す抗菌物質の一種で、悪玉菌を抑える効果がある。

プレバイオティクス化合物は、バクテリアによってのみ消化および利用されるため、成長が促進される。

殺菌効果の高いものは、食品以外の化合物が多いようですがその中でも目を引くのは、タバスコと酢です。タバスコも大分ポピュラーな調味料になってきましたが、やはり日本人にとって、良く使う食品と言えば圧倒的に酢ではないでしょうか。

お寿司の寿司飯に欠かせない酢は、食中毒の防止に威力を発揮しますがこれも昔からの日本人の知恵ですね。

プレバイオティクスとは?

プレバイオティクスは英国の微生物学者Gibsonによって1995年に提唱された用語で、プロバイオティクスが微生物を指すのに対してプレバイオティクス(prebiotics)は、

①消化管上部で分解・吸収されない
②大腸に共生する有益な細菌の選択的な栄養源となり、それらの増殖を促進する
③大腸の腸内フローラ構成を健康的なバランスに改善し維持する
④人の健康の増進維持に役立つ

上記の条件を満たす食品成分を指す。

プレバイオティクスとしての要件を満たす食品成分

オリゴ糖(ガラクトオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、大豆オリゴ糖、乳果オリゴ糖、キシロオリゴ糖、イソマルオリゴ糖、ラフィノース、ラクチュロース、コーヒー豆マンノオリゴ糖、グルコン酸など)
食物繊維の一部(ポリデキストロース、イヌリン等)

健康に有益なおもな効果

①乳酸菌・ビフィズス菌増殖促進作用
②整腸作用、ミネラル吸収促進作用
③炎症性腸疾患への予防・改善作用など

参考 ヤクルト中央研究所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です