湿度が高く風のある気圧の低い日は痛みが20%増加する

私たちは天気の状態によって、痛みを感じやすかったり、痛みが強くなったりすることを経験的に知っています。

特に、腰痛や膝痛などといった関節痛や神経痛は冬により強くなると考えています。

そこで、気象が痛みに関して関与しているのかどうかを研究した報告がイギリスのBBCが報道されました。

募集方法と期間

2016年1月20日から2017年1月20日まで、地元および全国のメディア(テレビ、ラジオ、プレス)およびソーシャルメディアを通じて参加者を募集しました。研究に参加するには、(i)長期(3か月以上) )痛みの状態、(ii)17歳以上、(iii)イギリス在住、(iv)AndroidまたはApple iOSスマートフォンを所有している。関心のある参加者は研究ウェブサイト(www.cloudywithachanceofpain.com)に誘導され、そこで参加資格を確認し、研究について学んだあと、スマートフォンアプリをダウンロード。

そして参加者は毎日、痛み度合い、気分、運動とその日ユーザーがいた場所の天気データ(ここで温度と相対湿度)を収集しました。

その結果は意外にも、寒い日よりも気圧が低く、湿度が高く、風が強い日が一番痛みが増した、という人が多かったということが分かったそうです。

この結果を見て、疑問を感じる人が多いかと思いますし、私も疑問を感じる一人です。(実際研究対象となったイギリスの人達も同じような感想を持つ人が多いみたいです)

まぁ、それはともかくとして、大量のデータが必要なこの様な調査にスマホが活用されるようになった、そんな時代になったんだと記事を読みながら思いました。

人々は「湿度の高い日に痛みを感じる可能性が高い」

BBC NEWS

ここからです。



研究によると、関節炎などの慢性的な健康問題を抱える人は、湿度の高い日に痛みをより強く感じる可能性が高いことを示唆した。

俗説では、寒さが痛みを悪化させる、としていますが、しかし、実のところ天候の影響に関する研究はほとんどされていなかった。

そこで、スマートフォン経由でデータを収集した2,500人を対象としたこのマンチェスター大学の調査では、温暖で湿度の高い日に症状が悪化することがわかった。

ある人が、天気のせいで膝の動きが悪くなってきたと聞くのは良くあることだが、その原因は通常寒さのせいだと思うのが一般的だ。

しかし、どのような天候が痛みに影響するかについて、科学的に研究を行うことは困難であり、以前の研究は小規模または短期的なものだった。

痛みのある日は曇りの日(Cloudy with a Chance of Pain)と呼ばれるこの研究で、科学者は関節炎、線維筋痛、片頭痛、神経障害痛の患者2,500人を英国中から募集した。

彼らは、1か月から15か月の間、毎日痛みの症状を記録し、携帯電話は彼らがいた場所の天気を記録した。

湿度が高く、風が吹くような気圧の低い日は、通常よりも痛みを感じるのが約20%高くなった。

もし、平均的な天気で痛みを伴うのが5%だったが、湿気が多く風の強い日には6%つまり1%の増加がみられた。

気温が低く、湿度が高い日も痛みを悪化させたが、気温のみや降雨とは関係が見られなかった。

「痛みの予測」

研究を主導したマンチェスター大学の疫学センター対関節炎センターのウィル・ディクソン教授(Prof Will Dixon)は次のように述べている。

ヒポクラテス(古代ギリシャの医師)以来、天気は関節炎患者の症状に影響を及ぼすと考えられてきました。そして、関節炎のある人の約3/4は、痛みが天気の影響を受けていると考えています。

ディクソン教授は、他の研究者が「なぜ湿度が痛みに関係するか、の理由を調べることで、新しい治療への扉を開くことができるだろう」と述べた。

そして、「痛みの予測」を開発することで、慢性疼痛のある人が活動を計画できるようになるだろう。

英国では約1,000万人が関節炎を患っており、そのほとんどが毎日、人生を変えるほどの痛みを経験していると考えられている。

また、研究所長であるスティーブン・シンプソン(Stephen Simpson)博士は次のように述べている。

天気が関節炎に影響を与えることはほとんど俗説でしたが、それは研究ではなく人々の「生きた経験」でした。これは研究を行うための革新的な方法であり、いくつかの結論を導き出せることが非常に重要です。



ここまでです。

「痛みのある日は曇りの日(クラウディ・ウイズ・ア・チャンス・オブ・ペイン)」は、プロジェクトとして英国で2016年1月から2017年4月まで実施され、分析には、2,658人の参加者からのデータを使用されたと、このプロジェクトのホームページにも記載があります。

このホームページから良くある質問のページに研究結果が分かりやすく書かれていますので、以下にそちらの記事も和訳して掲載しておきます。

痛みのある日は曇りの日

 


私の母は何年も医師に天気が私に影響を与えると言ったが、彼らは耳を傾けないだろう。 この研究が行われたことは驚くべきことであり、参加できてうれしいです。

これまでの一連の研究参加者として、これは私のお気に入りの研究でした。 クリエイティブで関連性があります。

https://www.cloudywithachanceofpain.com/ 紹介ビデオより


ここからです。


良くある質問(FAQ)

結果について

1.この研究で何が分かりましたか?

高い湿度、低い気圧、強い風、この順序で-痛みの増加と有意に関連していた。

2.どのような天気が痛みの増加と関連している可能性が最も高いですか?

低気圧で、湿度が高く風が強い日。

3.どのような天気が痛みの増加に関連する可能性が最も低いですか?

気圧が高く、乾燥した穏やかな日。

4.「悪天候」の日(湿度が低く、気圧が低く、風が強い)に、痛みが強く感じる可能性はどのくらいありますか?

気圧が低く湿度の高い風の強い日では、痛みを伴う日は平均的な天気の日と比べて20%高い確率でした。これは、痛みを伴う1日のリスクが、たとえば5%から6%に増加することを意味します。

5.温度との関連は見つかりませんでしたか?寒さで私の痛みは間違いなく悪化するのですが…

人々の経験を軽視することはありません。また、他の気象要素で何が起こっているかに応じて、寒い日や暖かい日に痛みを感じる可能性はあります。

たとえば、寒くて湿気もあり風が強い場合は痛みが大きくなります。気圧の低い日で風が強く吹き、湿度も高い場合、しばしば冷たい空気に関連していることがわかっています。
したがって、この関連性は、寒さと痛みの間の関連を説明するかもしれません。

分析で行ったのは、天気のさまざまな要素(特に、温度、湿度、風、気圧)の相対的な重要性を解くことです。温度は痛みと有意な統計的関連性がないことがわかりました。私たちの結果は、寒さは単に他の要因と関連しているだけであり、他の要因が痛みを増加させる主なメカニズムであることを意味している可能性があります。

また、分析では母集団全体の平均パターンを考慮したこともわかっています。個人は平均とは異なる関連性を持っている可能性があり、したがって一部の人々はこれらの結果が自分の経験と一致しないと感じています。今後の分析では、天候と痛みの関係のさまざまなパターンをより詳細に調査したいと考えています。

6.特定の天候が私の痛みを増す可能性がある場合、「悪い日」に外出を控えることで、これを回避できますか?

天気の一部の要素(風や雨など)は、屋内にとどまることで回避できます。ただし、屋外の場合と比べて屋内の場合でも、気圧はほぼ一緒でしょう。屋外と屋内の湿度にはずれがあります。たとえば、外気が非常に湿っている場合、屋内の湿度が上昇して外気湿度に一致するまでには遅延が生じます。もちろん、入浴、料理、呼吸は室内の湿度を上げるでしょう。

7.天候はどのように痛みを増しますか?

私たちの研究は、天候が痛みに影響するメカニズムを調べてはいませんでした。他の研究者は、なぜ天候のさまざまな側面が痛みに影響するのかを示唆しているが、最終的に証明されているものはほとんどありません。気圧は、関節炎の患者の関節とその解剖学的構造の変化に直接影響することが分かっています。

地球全体で気圧がどのように変化するかは風と直接関係していることを知っています(つまり、場所間における気圧の大きな変化は強風と関連します)。湿度の影響の可能性を説明する仮説はほとんどありません。

8.この研究のポイントは何ですか?天気を変えることはできません!

人々は2000年以上にわたって天気と痛みの関係について話してきました。関節炎の人の約4分の3は、天気が痛みやその他の関節炎に関連する症状に影響を及ぼすと考えています。

この研究はそれらの信念を検証します。特定の天気があなたの痛みを増すかもしれないことを知っていれば、あなたの痛みがより低いかもしれない日に負担の多い活動をする計画を立てることができるでしょう。

天気と痛みの関係について詳しく知ると、他の科学者がこれらの天候変数が痛みに影響するメカニズムを調査し始め、治療の新しい革新への扉を開く可能性があります。

9.私たちがすでに知っていることを伝えています(おばあちゃんに聞くだけでいいでしょう)。

以前の研究は決定的ではありませんでした。この研究は、天候が痛みにどのように関係しているか、特にさまざまな相互に関連する天候の要素がどのように重要であるかを示す強力な証拠を提供します。

これは、事前に活動を計画することにより、新しい治療法を開発し、人々が自分の人生をコントロールできるようにするために不可欠な知識だと考えます。

10.天気に対する反応は人によって異なりますか?

気圧と風速の影響は、さまざまな痛みの状態でほぼ一定のようです。しかし、相対湿度は、他の状態よりも変形性関節症の患者に影響を与えるように見えました。多かれ少なかれ天候に敏感な人がいるのではないかと私たちは疑っています。これは、近い将来行う計画です。

11.天気だけではなく、気分のほうが痛みに影響する可能性が高くはないですか?晴れた暖かい日は、気分が良くなり、痛みが少なくなります。

実際、私たちの研究では、気分は痛みと強い関係がありました。ただし、この関係は、観測された天候と痛みの関連性を説明しませんでした。

12.気分や運動などの他の要因と比較して、天候の影響はどの程度強かったですか?

気分は天候の影響と比較して痛みとより強い関連性がありましたが、身体活動は天候と同様の関連性の強さを持ちました。

13.人々は天気がどんなものかを見ることができます。もし天気が彼らの信念と合った場合には、より多くの痛みを報告しませんか?

研究の開始時に、参加者の大半は、天候が痛みに影響を与えると考え、最も一般的な信念は、雨と寒さが痛みを引き起こすというものでした。この偏りのために雨や寒い日に人々がより多くの痛みを報告した場合、降雨と低温との関連が見られると予想されていました。しかしながら、降雨も寒さも痛みに関連するものではなかったため、このバイアスの可能性は調査結果を説明していません。また、気象条件が痛みを増すという強い信念と弱い信念の間に違いは見つかりませんでした。

14.人々が薬や鎮痛剤を服用したかどうかを測定しましたか?

はい、研究の開始時に一度人々に尋ねました。しかし毎日の薬物使用を記録するようには依頼していません。なぜならデータの記録が多すぎて、彼らが研究から脱落する原因になると考えたためです。

15.薬が天気よりも痛みのレベルに影響を与えたかどうかをどのようにして知ることができますか?

この研究では、毎日の投薬を記録しなかったため、薬が人々の痛みのレベルにどの程度影響したのかを知ることはできません。

16.痛みは非常に主観的です。さまざまな人の痛みをどのように比較できますか?

私たちの分析では、人々の間ではなく、個人内の痛みレベルのみを比較しました。分析では、個人が痛みを有意に増加させた日を考慮し、その日の天気を、痛みが増加しなかった同じ月内の日の天気と比較しました。

17.天候が痛みに与える悪影響を減らすためにできることはありますか?たとえば、除湿機またはコールドパックを使用していますか?

これについてはまだ調査していませんが、将来の研究分野になることを願っています。チャリティ・ヴァーサス・アースライティス(The charity Versus Arthritis)は、気温が低いときと暖かいときの症状を管理する方法について、素晴らしいヒントとアドバイスを提供します。詳細については、ウェブサイトwww.versusarthritis.orgをご覧ください 。

18.なぜ関節炎の人は暖かい気候で時間を過ごすように勧められているのですか?

患者は、長年にわたって温暖な気候で時間を過ごすことのプラスの利点を逸話的に報告しています。一般的な高圧システムと関連する乾燥した穏やかな空気は、痛みのレベルにプラスの影響を与える可能性があります。

19.屋内にいる場合、風速はどのように痛みに影響しますか?

痛みに影響を与えるのはおそらく風そのものではなく、風が関係する他の気象変数です。英国中の気圧の大きな変化は、平均よりも多くの人が痛みを訴える日と関係があるようです。気圧変化が大きい場合、風も強くなる傾向があります。

20.特定の湿度、混合比、露点温度など、空気中の水蒸気の絶対測定値ではなく、相対湿度を使用したのはなぜですか?

結果は、使用した大気水分の測定値に関係なく同じでした。この調査の特定のタイプの分析では、相対湿度は分析に必要な条件に他の測定値よりも適合したと考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です