脳の健康のためには多様性のある活動が必要

長く生きることができるのが当たり前になってきたことは、喜ばしいことだと思いますが、その反面、身体だけでなく脳の働きの低下に対する不安も私たちは抱えるようになってきました。

脳の機能の低下は、記憶や学習能力、認知機能だけでなく身体機能の低下にもつながりますが、その脳機能の低下をできるだけ遅らせ、機能の維持をするためには何が必要なのか、に対する様々な意見があるでしょう。

一時「脳トレーニング」が流行しましたが、2018年には「脳トレ」には効果がないと言う研究報告が出されています。

実際のところ、脳機能の限定的な能力(短期記憶力や計算能力など)の維持には効果があるようですが、脳機能全体となるとひとつやふたつ程度のトレーニングだけでは困難のようです。

何にせよ、何かひとつだけをやることによる効果というのは常に限定的なものだと個人的には考えていますので、「これをやったらあとは何もしなくても良い」的な耳に心地の良い方法というのは、私は常に否定的に捉えています。(完全否定ではありませんが、やらないよりはマシ程度に思っています)

そこで今回ご紹介するこの記事も「多様性」がキーワードです。

脳の健康のための活動:重要なのは多様性


Medical News Today

ここからです。



最近の調査によると、さまざまな活動に参加している人は、参加していない人よりも認知能力が高い可能性があることが分かった。この研究には限界があるが、調査結果にはさらなる調査が必要だろう。

不可避ではないが、認知機能の低下はしばしば年齢の進行と関連している。先進国の成人はますます長生きするにつれて、脳の機能をいかに維持し、育んでいく方法を理解することがますます重要になっている。

長年に渡って、研究は身体活動と認知活動の両方が認知能力の改善を結びつけていることを示してきた。

別の面では、テレビを見るなどのより受動的な活動を行うために長時間を費やす人は、より急激な認知機能低下を経験する可能性が高いことを研究が実証している。

多くの科学者は、身体能力、余暇、社会活動が認知能力と衰退に及ぼす影響を研究している。しかし、南フロリダ大学の研究者による最近の研究では、わずかに異なるアプローチを採用している。

彼らの発見は、「老年学ジャーナル:心理学と社会科学(Journals of Gerontology: Psychological Sciences and Social Sciences.)」に掲載された。

多様性の重要性

活動の全体的なレベルを評価するだけでなく、最新の研究の著者は、多様性が心をシャープに保つことができるのかどうかを尋ねている。

「日常生活におけるさまざまな活動からの経験と学習は、認知予備力と回復力を高め、認知的に困難なタスクのパフォーマンスを向上させると考えられている」

と著者は説明している。

また、さまざまな活動に参加することは、多くの場合、個人がより多くの人々に会うことを意味する。

著者は、社会活動自体が「ソーシャルネットワーク、知識、心理的および認知的リソース」を促進することを説明している。

研究では、34歳から84歳までの732人からデータを取得した。

8日間連続して毎日、これらの個人に、次の7つの一般的な活動のいずれかに参加したかどうかを尋ねた。

* 子供と過ごす
* 有給の仕事
* レジャー活動
* 雑用
* 正式なボランティア
* 身体活動
* 一緒に住んでいない人々に非公式の手助けをする

この情報を活用し、各参加者にアクティビティの多様性に対する点数を与え、多様性と一貫性の両方を把握した。

10年後に、同じグループの人々にまったく同じ質問をした。研究の開始前後に、研究者は電話による成人認知の簡単なテストを実施し、各参加者の認知機能を再評価した。

このテストで、言語の流暢さ、作業および言語の記憶、処理速度、注意など、さまざまな認知能力を測定した。

期間ではなく多様性

著者は、活動の多様性の最も大きい人が認知機能スコアも最大になったことを発見した。

個人が活動に費やした全体の時間を調整した後でも、その効果は依然として顕著だった。

言い換えると、多様な活動をしている人が、より長く活動しているということではない。代わりに、その違いを生むのは多様性そのものだと思われる。

実際、この協会は、年齢、性別、人種、教育レベル、および自己申告による身体的健康と幸福度を調整した後も有意なままだった。

研究期間中に活動の多様性を最も増加させた個人は、低いレベルの多様性を維持した個人または多様性のレベルが減少した個人よりも認知スコアが優れていることも発見した。

興味深いことに、すべての年齢層にわたって多様な活動と認知能力の向上との関連を特定できた。

「結果は、「使わないとダメになる」という格言の通り、アクティブなライフスタイルの促進を目標に定め、参加者に多種多様な活動を含めるように情報を提供することができます。」

著者 スーミー・リー博士(Soomi Lee、Ph.D)

 

制限と将来

著者は、研究の特定の制限に注意している。
例えば、調査のフォローアップを完了した参加者は平均して、米国の平均的な人よりも健康であり、より多くの教育を受けていた。また、参加者のほとんどが白人だった。

測定された効果が、異なる人口統計にも関連するかどうかを判断するには、さらなる調査が必要だろう。

重要なことは、この研究は観察的であり、原因と結果を確認することはできない。他の変数が結果に影響した可能性もある。

例えば、最も広範囲の活動に参加する個人が、最も健康的な食事を摂ることができるのではないかと考えられる。この場合、より良い栄養の摂取は認知を高めるのに役立つだろう。

研究者は、参加者の健康について尋ねたが、彼らの医療記録を確認することは無かった。特定の健康状態は、個人の活動を行う能力を低下させ、認知的健康に影響を与える可能性があるため、結果をゆがめる可能性がある。

著者は、将来の研究が上記の問題のいくつかに対処することを望んでいる。

しかし全体的にリー博士は、彼らの発見は「多様で定期的な活動を行うアクティブで積極的なライフスタイルが認知健康に不可欠であることを示唆している」と結論付けている。



ここまでです。

脳の健康だけでなく、このブログでも何回も取り上げている腸内細菌叢もやはり「多様性」が必要であることが言われています。

この世の中すべて、この「多様性」というのがすべてにおいて「カギ」になるのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です