新型コロナは猫にも感染し他の猫に伝染させるが人への感染は未確認

我が家にも2匹の猫がいます。

この二匹です。

名前は三毛が「チャッピー」もう一匹が「すず」といいます。

かれこれ7年くらい飼っているかと思います。

三毛の方は生まれて1ヶ月後くらいに引き取ったのですが、もう一匹は迷い猫で三毛より1年後くらいに現れ、いつの間にか棲みついてしまった感じです。

ここ数年ネコを飼われる方が増えており、イヌとネコの比率が逆転したというニュースを以前読んだ事があります。

新型コロナウイルスはイヌには感染しないことは聞いていましたが、ネコは感染しやすい事が分かったという研究が発表されました。

ネコを飼われている人はすでに知っている情報かも知れませんがこちらのブログにアップさせて頂きます。

猫がCOVID-19に感染し、他の猫に感染させる可能性があることが研究で確認された
COVID-19 Pets: Study Confirms That Cats Can Becomes Infected With COVID-19 And Spread It To Other Cats
Thailand Medical News (2020/5/14)

ここからです。


日米の共同研究によると、猫はCOVID-19を原因となるウイルス「SARS-CoV-2」に容易に感染し、他の猫にウイルスを伝染させる可能性があることが確認された。


ウィスコンシン大学獣医学部の河岡義裕(Kawaoka Yoshihiro)教授が研究を主導したこの研究では、ヒト患者から分離されたSARS-CoV-2ウイルスを3匹のネコに投与した。翌日、研究者たちはネコの鼻腔を綿棒で拭き取り、2匹のネコからウイルスを検出することができた。また3日以内に、すべてのネコからウイルスを検出した。

研究者は、最初の3匹のネコにSARS-CoVコロナウイルスを投与した翌日に、さらに別のネコをそれぞれのケージに入れた。ただし、新しく運び込まれたネコにはSARS-CoV-2ウイルスを投与していない。

研究者は、6匹のネコすべてから毎日、鼻腔と直腸を綿棒で採取し、ウイルスの有無を確かめた。2日以内に、感染していなかったネコのうち1匹が鼻腔でウイルスを検出し、6日以内にはすべてのネコでウイルスを検出した。しかしながら、直腸ではウイルスは検出されなかった。

すべてのネコは、最大6日間で、鼻腔からウイルスが検出されたことが観察された。ウイルスは致死性ではなく、どのネコも病気の兆候は示さなかった。そして、最終的にすべてのネコはウイルスを除去していた。

東京大学の教員も兼任している河岡教授は、「猫に症状がないことは大きな発見だった」と語った。教授はまた、コロフル(コロナ風邪?)と呼ばれるヒトCOVID-19ワクチンを開発にも協力している。

この研究成果は、ネコやヒトがSARS-CoV-2陽性のネコまたはヒトに曝されたときにウイルスに感染する可能性があることを示唆している。中国農業科学院の科学者がサイエンス誌に発表した、猫(およびフェレット)がウイルスに感染し、それを感染させる可能性があることも示した研究に続き、このウイルスは、呼吸器の飛沫や唾液との接触によりヒトに感染することが分かってきた。

この研究を主導したウイスコンシン大学マディソン校の教授であるピーター・ハーフマン(Peter Halfmann)博士は、

「家の中で隔離されている子供や配偶者に、ウイルスを伝染させることを心配している人は、人間だけで無く動物にも伝染させる恐れがあることを心に留めて置くべきだろう。」

研究者たちは、COVID-19の症状がある人には、猫との接触を避けるようアドバイスしている。また、猫の飼い主には、猫が他の人や動物との接触するのを制限するために、ペットを室内に留めておくことを勧めている。

河岡教授は動物の福祉について憂慮している。
世界動物保健機関および疾病対策センターは、「コンパニオンアニマルの福祉を損なう可能性のある対策を講じる正当な理由はない」と述べている。

人は、他の人へのウイルス感染の最大リスクであることに変わりはない。猫がウイルスを人間に容易に感染させるという証拠はなく、猫同士と接触したために人間がCOVID-19で病気になったという報告された事例もない。

これまでのところ、ウイルスに感染した人との密接な接触により猫が感染した事例が確認されており、ブロンクス動物園の数匹の大型猫もウイルスに陽性反応があったことが確認されている。

皮肉なことに、このウイルスを感染させているのは人間なので、猫は人間を避けなければならないことになっている。

米国農務省の4月22日の発表によると、ニューヨーク州の個人宅にいた2匹の猫がCOVID-19陽性であった。1匹は、ウイルス性疾患の症例が確認された人の家にいた。2匹の猫は呼吸器疾患の軽い兆候を示したが、完全に回復する見込みとのこと。

他にも、人間と密接に接触した後にCOVID-19の陽性反応が出た猫もいると、マディソン・シェルター医学プログラムのディレクターであるサンドラ・ニューベリー(Sandra Newbury)氏は言う。

ニューベリー氏は、以前に人間のCOVID-19に感染した可能性のある保護された猫を検査するために、米国のいくつかの州で研究を主導している。

「動物愛護団体はこの危機の中で、人間と動物の絆を維持し、ペットを人々と飼うために懸命に活動しています。今は誰にとってもストレスの多い時期であり、これまで以上に我々はペットが提供する快適さとサポートを必要としているのです。」

ウィスコンシン獣医診断研究所の所長であるキース・ポールセン(Keith Poulsen)氏は、
「猫からCOVID-19をもらうよりも、あなたからCOVID-19をもらう方が可能性が高いのです。」と語った。

彼は、ペットの飼い主がペットを検査するかどうかについて、まず獣医師に相談することを勧めている。検査は、ウイルスやウイルス感染の影響を受けやすいことが示されている猫や他の種の個体群を対象とすべきである。

獣医学科のルタンヌ・チュン(Ruthanne Chun)氏は、次のアドバイスをしている。

-あなたのペットがあなたと室内で暮らしていて、COVID-19陽性者の人と接触していない場合は、ペットを撫でたり、抱っこしたりして交流することは安全です。

-あなたがCOVID-19陽性である場合、ウイルスの感染からペットを保護するために、あなたのペットとの交流を制限する必要があります。

「動物の飼い主は、ペットや他の動物の分も含めて、2週間分の食料や医薬品を手元に置いておくようにしましょう。また、病気などで隔離や入院が必要になったときのための、動物の世話のための準備もしておくべきでしょう。」

と彼女はアドバイスしています。


ここまでです。

参考)
環境省 ペットを飼っている皆様へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です