インフルエンザは、時によってなぜ激しく攻撃するのか

日本のテレビではどこのチャンネルでも「新型コロナウィルス」の報道ばかりが目立ちますが、アメリカではそれよりも季節性インフルエンザが全土で猛威を振るい、1月3週から4週の間だけでも、CDCの推定によると、「1週間で最大1000万人患者が増えた」ということです。

日本でも数日前の日本経済新聞で、

「米でインフルエンザ猛威 死者数1万人超え」
・日本経済新聞

今のところ新型コロナウィルスよりも致死率は低いものの感染力がかなり高いようです。

逆に日本では流行ピーク期にもかかわらず患者数が増えていません。
新型コロナウィルスの予防が、季節性のインフルエンザの流行を防いでいる可能性が高いですね。

こちらも、日本経済新聞に掲載されている記事です。

「インフル流行、異例の低水準 新型肺炎の予防策影響?」
日本経済新聞


直近(2/7更新)の、国内のインフルエンザウイルスの検出状況をみると、直近の5週間(2020年第1週~2020年第5週)では、AH1pdm09(91%)、B型(8%)、AH3亜型(2%)の順となっています。
国立感染症研究所 インフルエンザ流行レベルマップ 第5週(2/7更新)

現在大部分で流行しているAH1pdm09ウイルスは、2009年に新型インフルエンザとして大流行したタイプで、AH3亜型は「A香港型」と呼ばれ、1968年に流行したウイルスです。

じつは今回の記事は、先日ご紹介した記事と重複するところが多いのです。

なぜか、アメリカのインフルエンザ・ウイルスの型がはっきり報道されておらず、今後によってはさらなるインフルエンザパンデミックがアメリカから広がりそうな気配ですので、紹介させて頂きたいと思います。

なお、一部のニュースにはH1N1型とH3N2型と報道されていたりするのですが、この報道が真実だとすると、これらの型は記事に言及されている、どちらも季節的に流行する型のようです。

幼少期の最初のインフルエンザは、なぜ人によってウイルス攻撃の激しさが違うのかを説明する


Medical Xpress

ここからです。



一部の人達の中には、インフルエンザを寄せ付けない人がいるのはどうしてなのだろうか?

この研究は、インフルエンザウイルスの同じ株に感染した場合、一部の人々が他の人々に比べはるかに悪化する理由を説明した。この発見によって、季節性インフルエンザの影響を最小限に抑えるための戦略に役立つ可能性がある。

さらに、UCLAの科学者は、新しい新型コロナウイルス(2019-nCoV)の旅行関連スクリーニングを分析する研究を最近完了した。(調査結果は現在評価中)

研究者によると、旅行者の検査は新型コロナウイルスにはあまり効果的ではなく、平均して感染した旅行者の半数未満しか検出されず、ほとんどの感染した旅行者は検出できず、彼らにはまだ症状がなく、感染に気づいていないことを報告している。

そのため、ウイルスの拡散を止めることは、空港や他の旅行拠点で検査方法を強化するだけでは効果が無いだろう。

「政府関係者と公衆衛生関係者は、到着後に旅行者を追跡、病気になった場合には連絡先を追跡し、彼らを隔離する責任を負うことになります」と、UCLAのロイド・スミス教授(prof.Lloyd-Smith)は述べた。

多くの政府は、検疫がコロナウイルスの蔓延を止めるのに十分ではないことを認識しているため、検疫、または入国禁止さえも強要し始めている。

ロイド・スミス教授は、他の国、特に発展途上国では、これらの対策のためのインフラとリソースが不足しており、病気の輸入に対して脆弱であることを懸念している。

「世界の国々で、ウイルスがアフリカやインドに持ち込まれることを、非常に懸念している。アフリカやインドでは、多数の人々が高度な医療を受けられない」と彼は述べた。

シカゴ大学およびロンドン熱帯衛生医学大学の科学者を含む研究者は、さまざまなパラメーターに基づいて旅行スクリーニングの有効性を計算できる無料のオンラインアプリを開発した。

数十年前の質問を解決する

PLoSの病原体の研究では、何十年も科学者や医療専門家を悩ませ続けてきた問題の解決に役立つ可能性がある。なぜインフルエンザウイルスの同じ株が、あらゆる重症度の人々に影響を与えるのか、の理由だ。

同じUCLAとアリゾナの科学者のチームは、2016年に、小児期にインフルエンザウイルスにさらされると、遠縁のインフルエンザウイルスから残りの人生を部分的に保護できると報告した。

生物学者は、インフルエンザウイルスの過去の暴露によって、感染に対する個人の将来の反応を決定する、という考えを「免疫学的刷り込み」と呼んでいる。

2016年の研究は、インフルエンザウイルスへの以前の曝露が、豚インフルエンザや鳥インフルエンザとして知られる株を引き起こす動物など、動物からヒトに感染する可能性のある株に対する免疫学的保護をほとんど、あるいはまったく与えなかった、という一般的な信念を覆すのに役立っている。

これらの株は、人間に深刻な病気と死への数多くの波及事例を引き起こしており、それらは動物集団からヒトに容易に感染するだけでなく、人から人へと急速に広がることを可能にする突然変異のチャンスを得ることができるため、世界的な関心事となっている。

新しい研究では、免疫学的刷り込みによって、すでにヒト集団で流行しているインフルエンザ株に対する人々の反応を説明できるかどうか、また季節性インフルエンザが、さまざまな年齢層の人々に与える影響の程度の違いを観測できる原因を説明できるかどうかを調査した。

インフルエンザウイルスのさまざまな株が、あらゆる年齢の人々にどのように影響するかを追跡するために、研究チームはアリゾナ州保健サービス局が病院や民間の医師から入手した健康記録を分析した。

インフルエンザウイルスの2つのサブタイプであるH3N2型とH1N1型は、過去数十年にわたって季節的流行の原因となっている。

H3N2型は、高リスク高齢者のほとんどの重症化例と、死亡例の原因の大部分がインフルエンザによって引き起こされていた。

H1N1型は、若年および中年の成人に影響を与える可能性が高く、死亡者は少なかった。

健康記録のデータは明らかなパターンを示した

1.小児期に最初にそれほど重症ではない株H1N1にさらされた人は、H3N2に最初にさらされた人よりも人生の後半で再びH1N1に出会った場合に、入院する可能性が低かった。

2.H3N2に最初にさらされた人々は、その後の人生でH3N2に対する特別な保護を受けた。

研究者は、インフルエンザ株間の進化的関係も分析した。
H1N1とH3N2は、インフルエンザ「家系図」の2つはそれぞれ別々の枝に属していると、ジェームズ・ロイド・スミス教授は述べた。

一方の感染は、他方からの将来の感染と戦うための免疫システムの準備を整えるが、将来の感染に対する保護は、以前に戦ったのと同じグループの株にさらされたとき、より強くなる、と彼は述べた。

記録は別のパターンも明らかにした

子供の頃に最初にH1N1の親類であるH2N2に暴露した人々は、後にH1N1に遭遇したときには免疫の利点がなかった

この2つのサブタイプは同じグループに属しているため、この現象を説明するのははるかに困難だった。

以前の研究では、一方にさらされると他方に対しても、かなりの保護が得られることが示されていた。

私たちの免疫システムは、数年前に流行した系統の遺伝的に兄弟姉妹であるにもかかわらず、季節性インフルエンザと密接に関連する系統を認識していても、防御するのに苦労することがよくあります」と、同じくUCLAの研究員ケイトリン・ゴスティック(Katelyn Gostic)は述べている。

「これには困惑しています。なぜなら、鳥インフルエンザに関する私たちの研究は、私たちの免疫記憶の奥深くに、子供として見た系統の遠縁の親戚、遺伝的な第三のいとこを認識して防御する能力があることを示しているからなのです。」

「鳥インフルエンザに対する免疫の違いを研究することで、免疫システムが広く効果的な保護を展開する自然な能力を示します。普遍的なインフルエンザワクチン開発に役立つ手がかりには、この季節性インフルエンザに対する免疫システムは、死角が大きいように見えます。」

世界中で、インフルエンザは依然として主要な殺人ウィルスだ。過去2回のインフルエンザの季節は予想以上に厳しいものでした、と同研究の共著者であり、アリゾナ大学のマイケル・ウォロベイ(Michael Worobey)は述べている。

2017-18シーズンには、2009年の豚インフルエンザの大流行よりも多く、米国で80,000人が死亡した。

「あなたがさらされている2番目のサブタイプは、最初のサブタイプと同じくらい保護的で耐久性のある免疫応答を作り出すことができないのです」と彼は言った。

研究者は、彼らの発見が、サブタイプの循環に基づいて、将来のインフルエンザシーズン中に、どの年齢層が深刻な影響を受ける可能性があるかを予測するのに役立つことを望んでいる。

また、その情報は、限られた数量でのみ入手可能な特定のワクチンを誰が受けるべきかについての決定など、保健当局が対応を準備するのに役立つ可能性がある。



ここまでです。

今回の新型コロナウィルスにも重症化するケースがありますが、インフルエンザ・ウイルスと同じように、過去の感染によって症状の重篤度に影響が有るのかも知れません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です