甘い物はわずか12日間で脳の報酬系に影響を与え依存させる

甘い物を食べると幸せに感じる人も多いかと思います。

砂糖は「白い麻薬」などと呼ばれることもありますが、中毒性の高い食べものであることは昔から言われていました。

今回ご紹介する記事は、なぜ糖に中毒性があるのかを調査した記事です。

ミニブタを使った研究ですが、12日間糖(ショ糖)を与えたことによって、薬物を使った時と同様に脳の報酬系に影響を与えたというものです。

砂糖はわずか12日後で脳内物質を変化させる

Medical News Today

ここからです。



ブタの新しい研究では、糖の摂取が中毒性の薬物と同様に脳の報酬処理回路を変更することがわかった。

この新しい研究では、なぜ私たちが甘い食べ物を我慢することができないのかを説明するのに役立つだろう。

何か新しいことを学んだり、楽しいものを経験したりするたびに、脳の報酬システムが活性化される。もともと脳内にある化学物質によって、いくつかの脳の領域が互いに通信し、私たちは繰り返し知識と幸福を改善する行動を学ぶ。

報酬システムは、神経伝達物質ドーパミンに大きく依存しており、恋に落ちる、性的な喜び、友人との時間を楽しむなど、人間の典型的な体験を説明するのに役立つ。

しかし、薬物などの特定の物質には、脳の報酬システムを乗っ取り、「人工的に」それを活性化させる。快楽を求めて止まない行動を繰り返すように脳に伝えることで、依存させる為の隠されたメカニズムだ。

しかし、砂糖はそのような物質なのだろうか?

もしそうなら、それは甘い食べ物の渇望を説明するのに役立つのだろうか?

米国の科学者セロン・ランドルフは、1950年代にミルク、卵、ジャガイモなどの特定の食品をどうしてもやめられないこの行動を説明するために「食物中毒」という用語を作り出した。

それ以来、この概念を探求する研究は複雑な結果を生み出しており、一部の専門家は食物中毒について話すことは少し無理がある、と主張している。

デンマークのオーフス大学臨床医学部の准教授であるマイケル・ウィンターダールと彼の同僚が、ブタの脳の報酬回路に及ぼす糖の摂取の影響について調べ、新しい研究はこの問題を明らかにするのに役立つことになった。

調査結果はジャーナル・サイエンティフィック・レポート(Journal Scientific Reports)に発表された。

12日後の「大幅な変更」

研究たちは、動物の脳の報酬システムを調べるために、メスのミニブタ7匹の糖摂取に対する影響をPET画像技術を使用して分析した。

チームは、ミニブタに12日間連続で1時間ショ糖溶液を与え、最後の糖の投与から24時間後にスキャンを行った。

5匹のミニブタのグループには、砂糖に最初にさらされた後、追加のPETスキャンを適用した。

「わずか12日間の糖摂取で、脳のドーパミンとオピオイド系に大きな変化が見られました」とウインターダールは報告した。

実際、幸福と喜びに関連する脳内物質の一部であるオピオイド系は、最初の摂取後に、すでに活性化されていました」と研究の主著者は付け加えた。

具体的には、糖摂取後に「線条体、側坐核、視床、扁桃体、帯状皮質、および前頭前野」に変化があった。

砂糖がやみつきになる理由

調査結果は、研究者を結論づけて、「スクロース(ショ糖)を多く含む食物は、中毒性の薬物が消費されたときに観察されるのと同様に脳の報酬回路に影響する」ことを暗示している。

「砂糖がいくつかの生理学的効果を持っていることは疑いの余地がありません。そして、それが健康ではない理由はたくさんあります。」

「しかし、砂糖が私たちの脳と行動に及ぼす影響には疑問がありました。そして、神話を殺すことができることを望んでいました。」

「豚の場合で見たように、砂糖がわずか12日後に脳の報酬システムを変えることができる場合、学習や社会的相互作用などの自然な刺激が追い出され、砂糖やその他の「人工」刺激に置き換えられることが想像できる。」~マイケル・ウィンターダール

ブタは人間と同じか

研究者はまた、脳への糖の影響を研究するためのモデルとしてのミニブタの選択についても説明している。

彼らは以前の研究ではラットを使用していたが、これらのげっ歯類が砂糖を好む場合でも、体重の増加と代謝を調節するのに役立つ恒常性のメカニズムは「人間のものとは大きく異なる」と述べている。

「もちろん、人間自身で研究を行うことができれば理想的ですが、人間は制御するのが難しく、ドーパミンのレベルはさまざまな要因によって調節される可能性があります。」

「スマホでゲームをするか、試験中に新しいロマンチックな関係を開始するかによって、データに大きなばらつきが生じる可能性があります。」

ブタはげっ歯類よりも複雑で、人間の脳スキャナーを使用して脳深部の構造をイメージングするのに十分な大きさであるため、優れた代替品だと考えている。

とウィンターダールは説明する。



ここまでです。

オピオイドというのは、アメリカやヨーロッパで使用を制限するように動いている鎮痛剤としても知られています。

特にアメリカではオピオイド系の鎮痛剤使用による依存患者が非常に多く存在し、社会問題に発展している非常に中毒性の高い薬物です。

鎮痛効果が非常に高く、末期のがん患者などの疼痛制御に使用されているクスリで、日本では簡単に入手することは今のところ出来ません。

「鎮痛薬オピオイド危機に見るアメリカ社会の病理と深層」
・wedge

しかし近い将来、日本もアメリカと同じような道を進むことになるかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です