家族で一つ鍋を囲むような食事風景は将来無くなるかも知れない

将来、私たち人間が食べる食事は一体どう変わっていくのだろう?

自然に採れる食品は年々減っていき、ほとんどが人の手によって改良、加工された食品を、私たちは特に気にする事もせずに食べています。

自然で素朴な味も決して悪くはないと思いますが、太古の昔と比べはるかに美味しいモノが増えた事は紛れもない事実でしょう。

しかし、美味しいモノであることや便利に食べられる食品によって、私たちの体内環境は驚くほどの変化を受けているのではないでしょうか?

食物アレルギーを起こす人達はとどまることを知らず、私たちが普段何気なく口にしている食べものでさえ、アレルギーを持つ人にとっては死の危険さえあるものになっている事に、ビックリすると同時に、一体全体、我々人類の身体に何が起きたのだろうかと恐怖すら感じます。

ご存じかと思いますが、アレルギーとなる食品のトップ3を上げると

・牛乳
・卵
・小麦

ですね。

恐らく、私も牛乳アレルギー(だった?)なのでしょう。
今でも乳糖不耐性はあると思います。冷たい牛乳を飲むと下痢しやすいので。

三大アレルギー食品以外にも

・エビ・カニなどの甲殻類
・大豆やピーナッツなどのナッツ類
・キウイ、パイナップルなどのフルーツ
・サバやイカなどの魚介類

など、普段私たち食べているものばかりです。

ですから、すでにみなさんのご家庭の食事でも、例えばこれらに対してアレルギーをお持ちのお子さんがいれば、そのお子さんだけは、別メニューの食事を提供されていることでしょう。

ですから、このブログ記事のタイトルはすでに一部の家庭では始まっているのかも知れません。

また、アレルギーだけでなく、人によって吸収するカロリー量や必要とする栄養素にも違いがあることが分かりました。

それは、私たちの腸内に住む細菌微生物の種類や数によって個人に大きな違いが出るそうです。

未来の食事はひとり一人違ったものになるかもしれない

 

Science News

ここからです。


パーソナライズされた食事は、わたしたちの食事の未来かもしれないが、科学はまだそれをすべて明らかにできていない。


健康的な食事は、標準的な食事の推奨事項に従うほど簡単ではない。
果物、野菜、タンパク質、炭水化物は人々に対して異なった影響を与えるが、科学者はその正確な理由を知らない。


栄養に関する推奨事項は食品の特性に焦点を合わせており、カロリー量、炭水化物、脂肪、タンパク質に焦点を合わせることがより重要かどうかを議論している。

しかし、多くの研究で人々の体が同じ食物に対して、大変に異なる反応を示すことが分かっており、標準化された栄養のアドバイスが、必ずしもすべての人に当てはまるとは限らない。

一卵性双生児でさえ、同一の食物に対してさまざまな反応を示す可能性があり、遺伝子だけではその多様性を説明することができないのだ。

遺伝学が棚上げされているため、ある人の好む食事が、別の人にとっては体重を増加させるなどの理由について、他に説明できる理由を探している。その大きな原因の一つは、友好的なバクテリアや人の内臓に住む他の微生物かもしれない。

あなたの内に住む微生物叢が、あなたが実際に摂取するカロリーを決定します(訳注:つまりどんな食物やどれくらいのカロリーが必要なのかを決めるのはあなたではく、あなたのお腹の中に住む腸内細菌が決定権を握っている)

「そのために、あなたはそれらの腸内細菌が食事によってどのように反応するのかを、理解していなければ、自分の摂取カロリーを計算することはできないのです。」

と、テキサス大学サウスウェスタン医療センターのフーパー氏は述べる。

そのため、フーパーの母親のような人々は、食べ物に焦点を当てる代わりに、自分の腸内微生物や他の個人的な資質を調べて、自分に最適な食事を見つける必要がある。しかし、個人に合わせた食事療法も簡単なことではない。

肥満と2型糖尿病の流行が世界中を席巻しているため、完璧な食事を見つけることはこれまで以上に重要だ。世界保健機関によると、世界中では19億人以上の成人と、3億8000万人の子供と青少年 (世界人口の約4分の1)が、2016年に過体重で、6億5000万人が肥満だった。2014年には推定4億2200万人が糖尿病を患っており、この病気の割合は増え続けている。

■食品ガイドラインに従う?

私たちは、健康的な食生活に従うように努力します。しかし食物に対する自分の反応について知らないことで、その健康的な食事(だと思っている)が、却って私たちの健康を阻害する可能性もある。

遺伝学者のティム・スペクターは、病院のカフェテリアでよく買った小さなサンドイッチとオレンジジュースが健康的な選択肢だと考えていた。その後彼は、パンとオレンジジュースの両方が血糖値を糖尿病の範囲にまで急上昇させることを知った。

「バナナは、同等のサイズのリンゴよりも、糖の反応がはるかに悪いです」とキングズ・カレッジ・ロンドンのスペクターは言う。

なので彼は、リンゴを選ぶようにし、バナナよりも梨を選ぶようになった。

しかし、果物や野菜を食べるという標準的なアドバイスでは、それが私たちとって本当に健康に良い選択をしている可能性を示していない。彼だけではなく、以前の研究では、一部の人々の血糖値は、クッキーよりもバナナを食べた後に多くなることがあり、ある人はそれとは逆の反応を起こす可能性があることが判明した。

さまざまな反応を引き起こすのは炭水化物だけではない。人々は脂肪に対しても異なった反応を示した。

数百人の一卵性双生児を含む1,000人以上に対する食物の影響を追跡する新しい研究で発見した。

研究者は、対象者に標準化された食物を与え、参加者の血糖、インスリン、およびトリグリセリドと呼ばれる食事性脂肪の血中濃度を追跡した。チームは、食事後の血糖値またはインスリン値に何が起こったのかを知ることで、食事後どのくらいの速さで血液から脂肪を取り除くことができるかを予測することはできなかった。

■血糖スパイクの違い

 

しかし、おそらくこの研究の最大の驚きは、一卵性双生児でさえ食品に対する反応が異なることだ。

遺伝子は、食物に対する個人のさまざまな反応の半分未満しか説明できない。

「食物反応の予測に関しては、遺伝子だけでは不十分です。」

とスペクター氏は述べる。

食物の多量栄養素含有量-炭水化物、脂肪、およびタンパク質の量-は、さまざまな反応のわずか16~32パーセントしか占めていない、ことを研究者は発見した。

残りはまだ謎であり、その謎の部分に原因の大部分が隠されている可能性がある。
薬、睡眠の量と質、運動量、食事のタイミングと食事の順序、全体的な健康と生物学的リズム、および私たちの内臓に住んでいる微生物すべて、それらが反応に影響を与える。

■微生物を追跡するか?

腸内微生物はおそらく最も重要な要因である。
過去の研究では、微生物が繊維やその他の複雑な炭水化物が消化される量を決定することを示している。マウスの研究では、小腸の細菌が食物から脂肪をどのくらい吸収するかに影響を与えていることが分かっている。

腸内微生物が、白パンまたはサワー種パン*、または他のさまざまな食品を食べた後の血糖値の上昇を抑制するのに大きな役割を果たすことを発見している。

研究者たちは、何千もの食事に反応する、腸内に存在する細菌、古細菌、真菌、その他の微生物の遺伝子のコレクションである数百の腸内微生物叢をカタログ化しました。

人の便サンプル中の微生物の遺伝子を深く分析し、その結果を以前に研究した人々の結果と比較することにより、特定の食物を食べた後、血糖値に何が起こるかを知ることができるようになった。

しかし、このあとで物事が膠着(こうちゃく)するのは、食べたものが非常に個人的な方法で腸内の微生物にも影響するためである。

あなたが食べるものは、腸内にある微生物が決定します。それについて疑問はありません」とフーパーは言う。

しかし、食物が微生物叢の変化に影響するということは、謎なのだ。

「少なくとも微生物は炭水化物を数には入れていないようだ」と、ミネソタ大学、栄養科学者アビゲイル・ジョンソンと同僚は報告している。

彼のチームは、詳細な食物記録を保管し、2週間半にわたって糞便サンプルを毎日収集した。各人の便サンプル中の豊富な種類の細菌をカタログ化し、微生物の混合がどのように変化するかを決定する食品の特性を調査した。

ジョンソンは以下のように述べている。

「我々は、特定の栄養素を見つけることができず、栄養素や微生物叢との関係を見つけることもできませんでした」

「しかし、過去数日間に食べた食品を見ると、微生物叢がどのように変化するかは予測することができました。たとえば、食品がトマトソースと肉のスパゲッティであることが分かっていれば、食品中の炭水化物、脂肪、タンパク質の含有量を知るよりも、微生物叢がどのように変化するのかを彼らは教えてくれました。微生物は、ラベルに含まれていない微量栄養素や食品の化学成分に関心があるのかもしれません

ジョンソンは、微生物叢、少なくとも糞便中の微生物は、おそらく人が食物にどのように反応するかの左右する主な要因ではないと考えてるが、その役割を担ってはいるが、それだけでは説明できない、と考えている。

■パーソナライズするかしないか

他の研究者は、食品自体の特性を軽視するには早すぎると警告している。
「血糖指数は、この微生物のいる缶の中で依然として重要な生物です。その理由の一部は、さまざまな食品に対する人々の多様性がすでに血糖指数に組み込まれているためだ」と、シドニー大学、栄養科学者であるジェニー・ブランド・ミラーは述べている。

彼女は、グリセミックインデックス(GI値)を潮流に例えている。

「潮の干満は湾や湾、季節ごとに異なる場合がありますが、どの日でも満潮は干潮よりも高くなります。同様にどんな日でも、高GI食品は低GI食品よりも高い反応を示す可能性が99%あります。」

ほとんどの人にとって、標準的な栄養アドバイスに従うことで健康になり、健康を維持できる、と彼女は主張している。

栄養のパーソナライズは、血糖を管理するための万能のガイドラインよりも優れている場合がある。そこで従来のアプローチと腸内細菌叢へのアプローチを直接比較検討しており、その結果は今年後半には出てくるかもしれない。

それでも、標準的なガイドラインの範囲内で食事しても害はない。

「このパーソナライズされた栄養研究のガイドラインを20年間戻ったところで、果物や野菜が悪いことをするとは思えない」とジョンソンは言う。

しかし、将来的には、特定の食品を追加または回避することで、自分達でこれらの推奨事項を最適化できるようになるだろう。



ここまでです。

訳注:サワー種パンとは

サワードウ (sourdough)又はサワー種(-だね)は、小麦やライ麦の粉と水を混ぜてつくる生地に、乳酸菌と酵母を主体に複数の微生物を共培養させた伝統的なパン種。パン酵母(イースト)を純粋培養したものと同様にパンの膨張剤に用いる。乳酸菌が発酵の過程で生産する乳酸により、サワードウを使ったパン(サワードウ・ブレッド、サワーブレッド)は特有の強い酸味と風味をもつ。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

「食事をする」という意味を考える

今後さらに研究が進むことで、個々人に完全最適化された食事が提供される日も近いのかも知れないですね。

家族が同じ鍋をつついたり、大皿料理を家族みんなで分け合って食べる、という当たり前の光景が見られなくなる日は近いのかも知れません。

行き過ぎたパーソナライズ化した食事の行き着く先は、数種類のタブレット(錠剤)で済んでしまうような、そんな未来映画が描いてきたような世界が待っているのでしょうか。

そんな世界には、なって欲しくないです。

なぜなら、食事は生きるためだけにあるのではなく、そこには幸福感や満足感など心の充足に大きく関わっていると思うから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です