「痛み」から自由になることは可能なのだろうか?

痛みは我々を悩まし、「痛み」を抱える人達の中には、時として「自死」を選ぶほど深刻な問題として受け止められることもあるほどです。

しかしながら、今までの「医学」では、「痛み」で「死ぬ」ことはないと軽んじられてきた経緯もありました。

最近では、痛みによって起こる様々な生活の質の低下を抑えるため、痛みをコントロールする方向に変わってきています。

痛みというのは、非常に主観的(自分にしか分からない)であり情動的(気分などによって変化する)な性質であるため、実は非常に難しい問題でもあるのです。

痛みを起こす生化学的な事は分かっているのですが、それがなぜ起きるのか、その原因が何であるのかを特定するのは未だに分かっていないことの方が多いのです。

これから紹介する記事の中でも例として紹介されていますが、何かに夢中になっているときに作ったキズは、そのキズを作った瞬間から痛むはずにも関わらず、それから時間が経ち、そのキズに気がついた瞬間から「痛く」なるのは、私たちもよく経験していますね。

以前のブログでもこんな事を書きました。


痛みには上のブログで取り上げた以外の要因によって起きるものがありますが、一般的に私たちが経験する痛みは、それらのどれかになると思います。

あなたの体や心に痛みがあるだろうか?その答えがどのように治療に役立てるか


Medical Xpress


ここからです。



人々はしばしば「肉体に勝る精神力(mind over matter)」というフレーズを使用して、身体の痛みや苦しみがマインドによって上書きされる状況を説明する。

たとえば、ガーデニングをしていた庭師がやって来て、庭師の手にある切り傷を発見し驚いている。庭師は作業に集中している間、その傷には気付いていなかったからだ。

また、アフガニスタンの兵士が弾丸で負傷したが、彼は安全な診療所に来るまで、ほとんど痛みを感じていなかった。

痛みが、直接かつ完全に身体の損傷に関連している場合ならば、これらの例は不可能で有るに違いない。切り傷は常に軽い痛みにつながるが、銃創ならばすぐに激しい痛みを引き起こすはずだ。

しかし、これが常に当てはまるとは限らない。

痛みを研究する科学者は、有害な刺激と痛みを区別するように注意している。上記の兵士の場合、彼の刺激(銃弾による傷害)は有害ではあるが、痛みはない。研究によると、脳には有害な刺激がどれほど激しく感じられるかを弱める能力があるからだ。

このプロセスは「痛みの調節」として知られ、状況によっては、体の問題に気を配ることができる方法なのだ。

痛みの調節を理解するには、思考や感情が痛みにどのように影響するかを理解する必要がある。過去2年間に、レディング大学の心理学者や哲学者、NHSロイヤルバークシャー病院の医師や患者が関わるプロジェクトで、この問題が調査された。

我々の考えは、人々が痛みについての(自分自身の)見解を持っているということだ。その中には、自分が抱いていることに気づいていないこともあるが、それは、どのように痛みを経験するか、そしておそらくもっと重要なことは、特定の種類の痛みの治療からどのような恩恵を受けるかだろう。

どこで痛みを感じているのか

私たちは人々が直感的に痛みを、心または身体の「何か」として見ているかどうかを調査している。

人々は二つの方法で痛みについて話す。

ひとつは、「痛みは私の指の中にある」のようなことを言うとき、身体的側面を強調する。
もう一つは、「痛みは拷問のように感じる」と言って精神的な側面を強調するのだ。

しかし、人々には(痛みの)初期設定というのがあるのだろうか。

ある人は痛みを身体的体験と考えがちになり、別の人はそれを精神状態と考えるのだろうか。

それを知るために、私たちは人々の痛みの見方を調査する一連の短い仮説シナリオを考えた。

人々が痛みのより肉体的またはより精神的な見方を採用することができ、彼らの見方は状況に応じて変わる可能性があることを発見した。

次の、そしておそらく最も重要な問題は、これらの見解が、人々が痛みのために受ける医療に影響を与えるかどうかだ。慢性的な痛みは(心身を)衰弱させる状態であり、それに伴う個人的、社会的、経済的に莫大な費用がかかる。

それはまた、治療するのが非常に困難な状態であり、外科的および薬学的アプローチはしばしば不満足な結果をもたらす。

一方、認知行動療法(CBT)などの心理的介入は効果的なうえ、副作用がほとんどない。

ただし、決定的なのは、これらの治療法がすべての人に役立つわけではないことだ。慢性的な痛みを持つ人々の中には、これらのプログラムがまったく役に立たない、または機会を与えられずに治療を中止する人もいる。

そのためこの問題は、なぜこれらの治療法は一部の人に効果があるが、他の人には効果がないのだろうということだ。

我々の研究は、誰かがクリニックに持ち込まれる痛みに関する背景の仮定が、認知行動療法のような治療法が彼らに有効かどうかを決定できるかに焦点を当てている。結局のところ、腰痛を脊椎と心の組み合わせとしてではなく、脊椎の特徴として見ている患者であるなら、あなたの考え方を変えるための治療に送られることで混乱させたり、イライラさせたりしていないのだろうか。

痛みとともに生きることは絶え間ない苦しみである。

もし、あなたが間違った種類の扱いを受けたと信じているのであれば、それを辞退するか、あるいは参加しないことは論理的な対応だろう。

痛みに関する既存の信念が、心理療法へのアクセスとその恩恵にどのように影響するかを示すことができれば、これらの信念を変えて最大の利益を達成できるようにすることができる。

これを行うために、痛みを経験する上での心の役割を人々が認識するのに役立つ拡張認知行動療法プログラムを設計しテストをすることにした。このような強化されたプログラムにより、多くの患者がマインドベースの介入から利益を得て、より多くの患者にとって肉体に勝る精神力を実現できるように願っている。



ここまでです。

痛みからの解放はこれからも恐らく人類にとって永遠のテーマでしょう。

このブログ内のカテゴリー(「痛みを考える」)にもありますが、合わせて読んでいただきたい記事をいくつか紹介させて下さい。

『最新!痛みのバケツ理論』
『最新!痛みのバケツ理論』② ~『痛み』を起こす要因 外的要因と内的要因 ~ 
『最新!痛みのバケツ理論』③ まとめ
『痛いところを悪者にしないで!!』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です